読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生楽しんだもん勝ち♫

キャラ弁・スイーツ・和柄雑貨作り、、、気ままな幸せTime♡

まだ流行中!インフルエンザにご用心。

<広告>

新学年が始まって一週間。

末っ子も新しいクラスに少しずつ慣れてきて、席の近くの人から仲良くなってきました。

5年生が楽しくなってきたところで、まさかの学年閉鎖です。

 

f:id:ssachiko:20170418101324j:image

 

4月も半ばのこの時期に、桜の見頃も終わりポカポカ陽気のこの時期に、まさかまだヤツが蔓延っていたなんて。

インフルエンザです。

まだ潜んでいたようです。

 

新生活は親も子も不安で、緊張で、そんな時って免疫力も落ちがちなんですよね。

ドキドキして眠れなかったり、春休みののんびりした生活から、急に学校の早起き生活に戻したりで寝不足にもなる時なんです。

そんなときに潜んでいたインフルエンザウイルスがどこからかやってきて入ってきた時にかかりやすくなってしまうらしいです。

冬に打っていた予防接種も切れる時でもありますしね。

 

昨日は末っ子のクラス37人中9人の欠席。

5年生だけでも28人の欠席者が出たそうです。

非常事態とみなされ、新学年始まって早々だけど、3日間の学年閉鎖となりました。

 

学校大好きな末っ子は残念がってます。

ひとりで退屈だし、遊びにも出ちゃいけないし。

給食も食べれないし。

バスケも陸上も行けない。

 

残念だけど仕方ない。

インフルエンザをもらわないように気を付けよう。

 

 f:id:ssachiko:20170418080925j:image

 

昨日は新学年で初めての参観の予定でした。

参観と懇談と、委員決め。

どの学校でもこの時期いろいろ話題になるPTA決めの予定でした。

 

ですが、これも学年閉鎖のため出来ませんでした。

しかし、昨日の予定日に決めなければ今年度の行事予定が全部困るとのことで本部役員さんが各クラスの委員を決めることになったそうです。

 

私は末っ子が1年生の時にPTAの本部役員、副会長を務めました。

いろいろ問題やニュースになるくらいそれはそれは大変でした。

任期の最後2ヶ月は鬱になり、本当に辛く、本業の仕事も辞め、実家に強制送還されるくらい、心身共にやられました。

一回内部を知ったからからこそ心の底から二度とやりたくないのです。

それから得たものは「今後のPTA永久免除権」だけでした。

 

しかし、昨年離婚を機に転校したのです。

前の学校で委員をやろうと役員をやろうと、永久免除権を貰ってようと、転校してはなんの意味もありません。

例え同じ県内でも市内でも引き継ぐことなんてできないのです。

 

前の学校は前の学校。

転校してきたのならこの学校でも一児童につき1回はやってくださいね。とのことです。

 

それはそうでしょう。

分かっていました。

やらなきゃいけなくなることは。

 

でも前回と違い、夫がいません。

私ひとりで子ども3人を養っています。

私が委員のために平日は昼間仕事を休むことはできません。

私の仕事に子どもたちの生活がかかっているのです。

 

委員を決めるに当たり、事前調査がありました。

今までに経験があるかどうか、現在妊娠中かどうか、平成28年度に生まれた子どもがいるかどうか。

今年度の抽選から免除されるのはその人たちだけだそうです。

 

今までの経験が引き継げないことは分かっていました。

妊娠中でも1歳未満児がいるわけでもありません。

それでも委員を引き受けられない理由として、ひとり親であることを書きました。

 

やる気がない訳では無いのです。

一児童1回はやるべきなことはわかってます。

ただ、まだ転校してきて数ヶ月なのでこの学校の仕組みがよくわからないこと。

離婚して半年で生活を立直し中なので、仕事の休みを取りにくいこと。

毎月平日の日中に休みをとることは本当に厳しいです。

もし、仕事をしながらでも、家でできる仕事の委員があればやります。

それか来年度ならまだ休みを取りやすい仕事環境を作れるので、せめて今年度は遠慮させていただけないでしょうか…と。

 

など、書いて提出しました。

PTAからの返答は

「申請された理由は免除の理由になりません」

 

なんの感情も無いパソコンで書かれた冷たい文字だけが印刷されたプリントが帰ってきました。

 

わかってるよ。

免除理由にならないことは。

本部役員やってたもん。

でも、「考慮しましたが…」のひとことくらいほしかったな…。

 

 

f:id:ssachiko:20170418080957j:image

 

で役員さんが厳選なる審査の元、決定したそうです。

案の定、私にも委員決定通知がきました。

 

自分でクジをひいたなら諦めもつきます。

当たるも外れるも自分の運次第。

どうしようもない。

 

本部役員さんに決められ「あなた当たりました。一年間よろしく」のような通知が来ても、なんだか割り切れない。

 

いやいや、平日休まれへんって言うたやん。

私の仕事に生活かかってるって。

ほんま平日行きたくても行かれへんねん。

そしたらそのクラスに迷惑かかるやん。

ええんかいな。

それでも休めってかいな?

 

無慈悲やわぁ。

やりたくない訳じゃないねん。

やらんと逃げよう思ってるわけじゃない。

できることがあればやるよ。

家でもできることとか、土日や夕方以降できることなら。

それかせめて来年度まで待ってもらえたら。

今年はほんまキツイねんって。

 

やるにしても快くやられへんわぁ。

せめて自分でクジ引きたかった。

仕方ないよ。

学年閉鎖は誰のせいでもないもん。

役員さんも大変。

わかってるよ。

わかってるけど…グチです。

はぁ。

ごめんなさい。