人生楽しんだもん勝ち♫

キャラ弁・スイーツ・和柄雑貨作り、、、気ままな幸せTime♡

今だから言えること。子供を育てて分かった親の気持ち

<広告>

<p>今週のお題「今だから言えること」</p>

 

 

私は親がニガテでした。

口うるさく、声も大きく、体も大きく、典型的な大阪のおばちゃんの母。

超亭主関白で仕事命、家ではトイレ以外席を立つことなく「おい、リモコン取れ」「おい、お茶」と常に命令口調な父。

 

 

両親は勉強しなさいとは言わなかったけど、礼儀作法やマナーについては本当にうるさかった。

厳しかったと言うより「うるさかった」のだ。

子供の頃の私にとっては。

 

 

特に食事。

お箸の使い方や、食べ方についてなどいちいち口うるさく言ってくる。

食事が楽しくなかった。

◯◯箸とかいろいろあるそれを指摘されたり、茶碗の持ち方だったり、音を立てるなだったり。

好きに食べさせてよ〜と思っていたものだ。

 

でも大人になってから、食べ方を褒められた。

主人と結婚する前、義両親と食事をした時だったり、仕事関係者での上司や取引先との食事の席だったり。

 

『毎日のクセが出る食事の場では、何気なくしていることが出てしまうもので、綺麗な食べ方をする人は親御さんにきちんと教え育てられた人だ』と言われた。

とても印象が良いと褒められたのだ。

 

 

嬉しかった。

毎日うるさいうるさいと思っていたけれど、日本人としての美しい所作、作法を知らず知らずのうちに身に付けてもらっていた。

 

確かに外見はカッコよくても、クチャクチャ音を立てて食べたり、お箸を刺して食べている人を見ると残念だな…と思ってしまう。

自分の子供にはちゃんと教えようって思う。

 

子供の頃は本当にニガテで、疎ましく思っていたけれど、私も大人になり親になり、あの頃の親の気持ちだったり、行動の意味がようやくわかるようになってきた。

子供はいつか育ち離れていく。

その時に外に出して恥ずかしくないよう育てること。

子供が恥をかくことのないよう身に付けさせておくこと。

 

 

今だから言える感謝の気持ち

「ありがとう」

 

なかなか面と向かっては言えないけれど感謝しています。

私も子供たちにしっかりと教え伝え継いでいきます。