人生楽しんだもん勝ち♫

キャラ弁・スイーツ・和柄雑貨作り、、、気ままな幸せTime♡

初めての妊娠・出産を思い出して☆

<広告>


初めて妊娠した時のこと覚えてますか - kiratto-life's blog

 

 

こちらのブログを読ませていただき、私も一人目の妊娠のことを思い出しました。

懐かしいなぁ。

長女は中学一年13歳。反抗期真っ最中(笑)

 

私結婚したのは19歳の時。

18歳で出会った7歳上の主人と意気投合。すぐに結婚。

でも1年間は新婚生活を楽しみたかったので子供はまだやめておこうねと話していました。

そして20歳になり、成人式も無事終えたのでそろそろ子供欲しいなぁと思うようになり主人と相談。

 

私は子供が大好きです。

長女として育ち弟・妹の面倒も見てきたし、近所の子供の相手も得意とし、子供はたくさん欲しかった。

でも主人は子供が嫌いです。

言葉が通じない・泣くしうるさいし汚いし。。。

 

全く正反対の私たち。

今でこそ子供が大きくなり言葉も通じるし、そうそう意味不明に泣きもしないし、汚すことも減ってきたので面倒は見てくれますが、小さい時は本当に何一つしてくれなかった。。。

まぁそのことについてはまたの機会に書きます。

 

私は妊娠・出産が好きです。

これは出産を経験する前から。

好きと言うか、とても神秘的で興味があった。

だって、数千万から数億個の精子がとんでもなく過酷な旅に出て、戦い抜き、選ばれしたったひとつだけが卵子の中に入っていける。

それが受精。

そう思うと、私も私の子供たちも、これを読んでくださっているあなたも、選ばれて産まれてきた。

今こうして『命あること』それって奇跡だと思いませんか?

 

私は主人を説得し、子供を授かることに。

f妊娠3か月エコー写真

妊娠はすぐに気付いた。

明らかな倦怠感。吐き気。微熱。頭痛。

こんなにも自分の身体が反応していることに驚いた。

 

当時私は電車で5駅先のレストランでウェイトレスをしていた。

しかし、キツかった。

まず電車に乗れない。

乗っては吐き気→トイレへ駆け込みの繰り返し。

一駅ごとに降りて休憩してまた次の駅へ行って。。。と通常なら15分の道のりを1時間以上かけて通勤した。

 

仕事場についてもキツイ。

飲食業。立ち仕事。料理の匂いも立ち込めてます。

立っていること、笑顔でいることはなんとかできても、料理の匂いで「うっっ!」ってなる。

ドラマっぽいけど、あれ、ほんまです。

私はどんな匂いもダメでした。

甘いのも酸っぱいのも辛いのも。

食事もそう。

一般的な炊き立てごはんはもちろん無理。

大丈夫とよく聞くレモンもダメ。

 

食べることが出来たのは不思議なことにマクドのポテトとチョコレートのみ。

(今やったら食べてなかったかもしれないけど。。。)

身体によろしくない思っていても、ほかに食べられるものがなく、食べたいと思えるものがなかったので、あの時は普段よりは頻繁に食べていたなぁ。

 

でも、食事よりも何よりも本当にしんどかったのは、分かり合える人がいなかったこと。

私は大阪。実家は名古屋。主人の実家は和歌山。

当時20歳になったばかりの私の周りの友人は妊娠どころか結婚もしていない人ばかり。

結婚して引っ越した家だったので知り合いもいないし、毎日仕事に行っていて帰って寝るだけの家だったので近所に知り合いもいない。

 

つわりがひどく脱水症状になり毎日点滴となり、仕事も辞めることになった。

一日中家にいるのに誰とも話せない。

寂しかった。

孤独を感じた。

マタニティブルーだったのだろう。

変わっていく身体。

自分が自分じゃなくなっていく不安。

 

そんなときに感じた初めての胎動。

「ここだよ!」「ここにいるよ!」

そう言ってくれているようだった。

width="364"
《お腹の中で指を吸う我が子。》

 

私はひとりじゃない。

私の気持ちは赤ちゃんにも伝わる。

お腹のあかちゃんのためにも相談できる友達をつくろう!

そう思って、産婦人科の母親学級や、市の妊婦サークルなどに参加するようにした。

みんな年上ばかり。一回り上の人も。

でも、みんな一人目。

初めての妊娠での不安や、心配に年齢差はさほど感じなかった。

すぐに友達になれた。

話ができる人って大切です。

 

一人で抱え込まない。

産婦人科助産師さんや、市の保健婦さん。

私はいろんな人に助けてもらえた。

 

市の妊婦サークルで出会った友達とは今でも仲良くしてるし、数日違いで生まれた子供同士は幼馴染として育ってきた。

出会いは大切。

待っているだけではなく、自分から動いて出会いにいかなくちゃ!

今はマタニティスイミングや、マタニティビクスなんかもあるから、うらやましい!

もっと友達作りのチャンスはあるし、もっと楽しい妊娠生活が過ごせそう!

 

2人目3人目となると、上の子がいるから、、、ってなかなかこういうのに参加しづらくなるんだ…。

行くなら1人目がいいですよ!

 

 

私の妊娠生活のそれからは貧血になり鉄剤飲んだり、体重制限でカロリー考えたりいろいろあったけど、38週で3030グラムの子を産むことが出来ました。

妊娠10か月4Dエコー
《産まれる直前の4D》

出産話はまた改めて(*^_^*)

 

 こちらもご覧ください。

読んでほしいこと。妊娠、出産は奇跡です。 - sachiko’s blog

 

 

母13年生。山あり谷あり!でもやっぱり幸せ♬ - sachiko’s blog

 

 

三人三様☆親いらず娘の子育て中なり。 - sachiko’s blog