人生楽しんだもん勝ち♫

キャラ弁・スイーツ・和柄雑貨作り、、、気ままな幸せTime♡

なくしもの

<広告>

「なくしもの」
                                                木村信子


どこでなくしたの と きかれたから
なくしたばしょを しんけんにかんがえた
いくらかんがえても わからないから 
そういうと
ほんとに ぼんやりなんだから
と しかられた
もういちど よくかんがえてみて
たぶん あのとき
あそこかもしれない と いうと
なぜ そのとき 
すぐに きがつかなかったの
と しかられた
 
ひとりになってから
さっき いわれたと おなじことを 
いいながら
じぶんで じぶんをせめた
かってもらったばかりだったんだもの
いちばん くやしいのは ぼくだもの

f:id:ssachiko:20141128171800j:plain



小学2年生の子供が宿題で詩の音読をしていました。

最後の一文。
いちばん くやしいのは ぼくだもの

そうやんね。
親って「なくしたこと」に対して怒ってしまう。
なんでなくしたの?
なんで気付かないの?
もったいない。
せっかく買ったのに…など言ってしまいますよね。

でも、なくした本人も悲しいんだよね。
悔しいんだよね。
なくしたくてなくしたわけじゃない。
大切にしていなかったわけじゃない。


じぶんで じぶんをせめた

深い一文。
子供の心に寄り添える親になりたい。
事実だけではなく、目では見えない心の部分に気付いてあげたい。

子供の宿題で、ふと考えさせられました。

写真は今日の夕焼け。
美しさに癒されました。