読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生楽しんだもん勝ち♫

キャラ弁・スイーツ・和柄雑貨作り、、、気ままな幸せTime♡

幸せ作りのお菓子作り♫子供と一緒につくりませんか?

<広告>

まだまだ食べたい!秋の味覚♫

今日は「ひとくちお芋パイ」を作りました♫

ほんのり甘いお芋のペーストにチョコレートもしのばせて☆

f:id:ssachiko:20141115133839j:plain

 

我が家では土日の私の休みの日にお菓子つくり教室をしています。

教室と言ってもそんなたいそうなものではなく、子供のお友達5人ほどの小規模なもんですが。

 

そもそも私はお菓子作りが大好きで、子供が大好き。

なので、子供たちと一緒に作ったらもっと楽しいんじゃないかというのが始まり。

 

お菓子作りが好きになったのはいつからだろう?

うちの母は全~っくお菓子なんてものは一度たりとも作ったことがない。

料理ももともと好きではない。

なので家にオーブンなんてものはなかった。

 

私が小さいころは、友達に家に行くと玄関を開ける前からもうすでに甘~い香りがしていて、エプロンつけたお母さんが「もうすぐ焼けるよ~」なんて言いながら出してくれる手作りのお菓子がうらやましくて仕方なかったのを覚えている。

 

中学生のころはトースターでも作れるお菓子を必死で調べて作った。

そう、我が家にはオーブンどころかレンジもなかった、油で揚げ物も許されなかったので使える調理器具はトースターだけだった。

 

象印 オーブントースター 火力5段切りかえET-VB22-TM


高校生の頃初めてのバイト代でオーブンを買った!

これは19歳で結婚した時も「私のだから!」と持ってきた。

16歳で買ったオーブンは今から5年ほど前までは活躍してくれてました。

シャープ オーブンレンジ ヘルツフリー対応 15L ホワイト RE-S5C-W


そんな小学生のころからの「友達のお母さん」が憧れで現在にいたっているのかも。

 

お菓子って幸せになれるんです。

作って「楽しい」

食べて「美味しい」

食べてもらって「嬉しい」

 

私のお菓子つくり教室では作りたてのお菓子をみんなで試食会するのとは別に、家にお土産としても持って帰ってもらうようにしています。

子供が「今日はこんなお菓子作ってきたよ~!」と持って帰ると、お母さんも、お父さんもうれしいじゃないですか(*^_^*)

 

「すごいね~!」「上手にできたねぇ!」「美味しいわぁ!」

そんな会話に自然となりますよね。

最近の子供ってほめられなれてないんです。

最近の親もなかなか上手にほめられないんです。

ほめたいと思っていてもなかなかほめられない親の気持ちもとってもわかるんです。

でも、ほめられると絶対うれしいのは大人も子供も一緒ですよね。

 

手作りのお菓子をおみやげに持って帰ることで、そんな幸せな会話につながればいいな♫

子供にとっても。親にとっても。

なんて思い、今日もみんなで作ったお芋パイを可愛く小分けに包みました。

 

自分で作ったものはもちろん美味しく感じるし、みんなで作るとほんと楽しい。

それにプラス、人に食べてもらう喜びを感じてくれたらいいなぁ。

誰かのために作ること。

それってとても幸せなことですよね(*^_^*)

食べたてくれた人みんなを幸せにする 味が作れるといいなぁ。

 

10歳からのお菓子づくり ステップアップレシピ

10歳からのお菓子づくり ステップアップレシピ